呼吸による集中訓練 メンタルトレーニング

Category: メンタルトレーニング・メンタルトレーナーテーマリスト

メンタルトレーニングの大事な要素である集中力を養う訓練方法には、 呼吸の集中訓練、格子訓練、秒針集中訓練、レコーダー集中訓練などがある。

また、最近NASAでは宇宙飛行士たちの集中力を養うためにPeak Achievement Trainerという名前のコンピュータプログラムを製作して使用している。

精神科学研究所でも弛緩の技術、イメージの技術、注意転換技術のため、コンピュータプログラムを作製した。

これにより、個人がすることができる集中力の向上訓練方法を具体的に調べてみました。。

先に述べた様にいくつかの集中訓練方法がありますが、今日は「呼吸による集中訓練方法」について紹介します。

簡単にダレにでも出来ることなので、取り入れてみるのも良いと思います。

≪呼吸による集中訓練≫

1.楽な姿勢で座ったり横になって、自分の呼吸を感じる。

2.目を閉じて吸い込みと発散の割合を1:2にして、呼吸を5回実施する。

3.1セットはいっぱいまで息を吸って、一~六までの数を数えながら、空気を吐く。

数える数字は、自分が任意に変えることができますが、空気の入ってくるといくに注意を集中する。

このような過程を1せっと10回とし、2セットに渡って実施する。



Leave a Reply